看護師 病院 求人

更新日:2014/11/25

看護師Aさんの体験談

看護師の資格も、経験もありながら、ふつうの会社の営業の仕事をしていました。 会社の営業になって2年。 「やっぱり看護の仕事がしたい」と思うことが多くなってきたんですって。 看護師でいるからこそ経験できる出会いや感謝の言葉ってあるとおもうんです。命をあずかるというか、世の中に医療のサポートをいっきに請け負っているし。

看護師をやめた理由はどの病院でもハードワークによる過労で、体調を崩し、退職を余儀なくされてきたため、看護師からしばらく離れることにしたのです。 Aさんがまだ新人ナースだった頃、忙しさの中、教育もろくに受けられないまま、ある患者さんの担当をさせられたことがあったそうです。 その方は病棟の中でも、とくに苦情が多いと有名な患者さんでした。

しかし誠意をこめて看護していくうちにいつも穏やかで、ナースが何かをするたびに、「ありがとう」と言ってくれたそうです。 その方の「ありがとう」に支えられ、看護師としての自信が少しついたそうです。 そこで看護師の求人サイトに登録してみようと思ったらしいのです。 昔の思い出がよみがえって世の中のために頑張っていきたいと・・・しかしもう多忙な生活で体をこわしたくありません。

ところが、いざ面接に行くと、Aさんも、病院の担当者の方も、互いに好印象で、自分のペースにあった病院だったのです。Aさんは「やっぱり病院の空気はすがすがしい」、とおっしゃっていました。 自分の人生観がどこで変わりまたもどるかわかりませんが看護師の求人サイトは普通の求人よりよい情報があるようですから世の中のために再チャレンジしてみましょう、元ナースさん♪



失敗しない転職のために

患者さんと向き合う時に、笑顔を多く見せてくれる看護師さん達。ある程度のキャリアを積むと、それぞれの専門に向けての方向変換を望んだり、環境の変化から転職を余儀なくされたりで、少なからず、転職を考える時期がくるようです。 医療の高度な進歩に伴う技術の習得を希望しての転職、病気の急性期領域でのサポートから回復期領域のサポートへの転身など、看護師さんのスキル習得分野も、多岐ですね。 結婚や出産など、環境の変化による場合には、ご主人の転勤に伴うもの、保育室や託児施設のある医療機関など調べることは、ナースのお仕事をしながらでは、なかなか大変。

今、様々な理由で転職を希望している現職の看護師さん達にメッポウ頼られているのが、ネットの看護師求人サイトのマイナビ看護師のスタッフさんのようです。色々な分野の病院がありますが、高度医療機関では、度々の研修や専門分野の勉強会などが考慮されて認定取得へサポートしている病院も多くあるようです。

子育て中というのは、女性に限らず活躍する男性職員にも増えている情況で、どこの病院でも、保育室や託児室なども充実させる傾向が強くなってきているようです。 24時間体制の保育室を設けているところも出来てきているようです。 これら、諸々の情報を、看護師求人サイトのスタッフさんは克明に調べて、メールや電話で相談しながら、転職を成功させているようです。 中には、本人では訊きにくい給与のこと、調べにくい職場情況など、スタッフさんは直に聞いてくれて、生の情報を入手してくれるといいます。サイトに登録すると、スタッフさんとコンタクトがとれるシステムで、どこでも、登録は無料のようです。